浮気調査

浮気調査 費用見積もり 比較・探偵ランキング

 

 

 

 

 

 

昔はどうあれ探偵事務所と興信所の仕事は違いがありません。

 

 

共によく扱うのは、離婚裁判などで配偶者の浮気を請求事由にするつもりなら、あきらかに配偶者が不倫したという証拠が是非とも欲しいところです。
しかし一般人がプロ並みの証拠をゲットするのは困難ですし、きちんとした人材と機材を揃えた探偵事業者にやってもらえば、ストレスや時間を最小限に抑えて離婚できるでしょう。それに、慰謝料請求時にもきっと役に立つはずです。
気の迷いで始めた交際から抜け出せなくなって精神的に不安定になり、家庭環境も壊れる。失うものが多いのに対し、得られるものが少ないのが不倫の特徴です。たとえ夫婦関係が円満でなかろうと、別の誰かを見つけて再出発をはかろうなどと考えるのは、安直にも程があるのではないでしょうか。

 

 

浮気相手が加わって大問題になったものの、もともとは夫婦間の問題。それで解決するわけはないでしょうし、お子さんがいるご夫婦なら無責任もいいとこだと思います。

 

我を通すあまり周囲が見えなくなっているのです。きっと後悔しますよ。探偵業者を使って浮気調査をしてもらう場合、行動範囲、交友や家族関係、仕事先など分かる限りのことを伝えると、料金請求時に安く済むでしょう。

 

 

 

わかっていることまで探偵に調べさせると、ゼロからの積み上げで調査する分、時間だけでなく費用もかかり、効率が悪いのです。一緒にいれば判ることも少なくないでしょうし、何気ない風を装いながら判ったことを記録していくと良い結果が出やすいでしょう。不倫の調査を頼みたいけれど、離婚の準備をしているみたいで気が滅入る。意外とそんな人は多いです。ただ、あまり深刻にとらえる必要はないようにも思えます。
離婚云々はさておき、浮気の証拠があれば何にしても有利なのは確かです。あえて知らないでいることも、結局は自由だとは思いますが、自分なりにケリをつけたいと感じたら、その道のプロ(探偵)に相談することを推奨します。結婚相手や婚約者の不倫に気づいた女性が調査のために探偵を雇うというシーンって、ドラマでもしばしば見かけたりします。
素人が探偵と一緒に行動するシーンもあって、真似くらいはできそうな気がしますが、調査対象が用心している場合などでも秘密裏に行動を追い、まったく気づかれないよう証拠写真を撮影するというのは、初心者には到底無理です。

 

 

相手に警戒心を与えないのが成果を得るコツですから、探偵の仕事はプロに一任したほうが良いでしょう。

 

 

 

 

 

原一探偵事務所

 

 

 

 

 

◎43年の調査実績・解決実績100,000件以上 探偵業界最大手の原一探偵事務所◎

 

 

 

「浮気調査」 「人探し」 「ストーカー対策」 「いじめ調査」 などを扱う総合探偵社

 

 

 

探偵業界で日本最大級の調査員数!社員数100名以上
(10年以上のベテラン調査員が多数在籍)

 

 

 

東京都弁護士協同組合の特約店
(※法廷では法律に違反した証拠は証拠としてみなされません)

 

 

 

全国主要都市に18拠点の全国ネットワーク

 

 

本社・川越

 

 

札幌・仙台・水戸・高崎・千葉・大宮(埼玉)・日本橋・新宿 (東京)・横浜・静岡・名古屋・大阪・神戸・岡山・松山・広島・福岡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

原一探偵事務所 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

https://www.haraichi.co.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

街角相談所 -探偵-

 

 

 

 

 

 

初めての探偵探しに不安な方も匿名で費用見積もり

 

 

 

 

 

最初から探偵社・興信所への問い合わせに不安のある方へおすすめ

 

 

 

 

 

全国100社の興信所よりお悩みに合わせた探偵を紹介

 

 

 

 

 

他社のお見積もりより安い探偵を見つけるお手伝いも可能

 

 

 

 

 

 

 

 

浮気診断シミュレーター・匿名相談 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

http://hello-tantei.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

HAL探偵社

 

 

 

 

 

 

ネットでできる・完全無料の浮気解決シュミレーターが好評のHAL探偵社

 

 

 

 

全国無料出張・即日対応も可能

 

 

 

 

 

 

業界初の完全成功報酬・後払い支払 (初期費用0円)

 

 

 

 

 

 

相談料0円・匿名OK

 

 

 

 

 

 

調査完了後最短3日で証拠資料のお渡しも可能

 

 

 

 

 

 

 

 

HAL探偵社 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

https://hal-tanteisya.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

総合探偵社TS

 

 

 

 

 

 

浮気調査・人探し・いじめ調査などを扱う総合探偵社TS

 

 

 

 

TSの強みは・・・・・・

 

 

 

 

 

◎24時間365日 無料相談・見積受付

 

 

 

 

 

◎北海道〜沖縄まで全国対応

 

 

 

 

 

◎安心の料金設定(分割払い、カード払い可)
独自の調査料金体系を導入。調査は1時間単位から依頼することが可能

 

 

 

 

 

 

◎法律専門家の起用・警察OBも在籍

 

 

 

 

 

 

夫婦カウンセラーの資格を持つ調査員が、離婚あるいは復縁までご依頼者様のお考えをお聞きし
適切なアドバイス

 

 

 

 

 

 

 

 

総合探偵社TS 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

ISM探偵事務所

 

 

 

 

 

 

◎全国対応可能

 

 

独自のネットワークにより、北海道から沖縄まで全国で調査可能

 

遠方にお住まいの方も対応可

 

 

 

 

◎相談だけでOK

 

 

 

 

◎現場で経験を積んだ調査員

 

対応する調査員は当社の探偵学校で基礎を学び実践経験のあるスタッフ在住

 

探偵に必要な撮影技術や尾行術といったスキル・法律の知識にも精通

 

 

 

 

 

 

 

ISM探偵事務所  詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

色々見ていくと、浮気相手と別れた理由で一番多いのは、当然かもしれませんが、配偶者への暴露です。とはいえ、自分で浮気の証拠を見つけるのは簡単ではありませんから、探偵や興信所などノウハウのあるところに不審点の洗い出しや不倫の裏付けをとってもらうことにすれば、安全かつ堅実でしょう。とはいえ、不倫の気配に気付くまではやはり自分以外にその役目を果たすものはありません。興信所、探偵社というものの中にはとんでもないインチキな会社もないわけではないので、依頼するなら事前に情報を集め、信用度の高い業者を見つけるのが大事です。
ところで、不倫調査を依頼しても、しっかりした証拠を得るには時間がかかることもあります。

 

 

調査に要する時間と代金は、説明をしてもらって納得できたら依頼するようにしましょう。探偵社の仕事を便利屋に頼めば安くつく。

 

こう考えたあなた、両者には大きな隔たりがあるんですよ。
便利屋といった職業は所轄する官庁がないのに対し、探偵の業務を取り扱う会社の場合は、警察署経由で所管の公安委員会に誓約書や身分を明らかにする書類と共に開業届を出し、認可番号を交付してもらって正式に認められるのです。管轄官庁による管理が必要なほど高度で専門的な仕事と個人情報を扱うのが探偵業です。離婚すると、不倫していた親のほうは子供の親権がとりにくいと思われているようです。

 

道義的には分かるだけに無理もないのですが、本当のところは違います。

 

 

 

基本的に親権というのは、日常的に子と生活を共にしているかとか、育児への参加度合い等に重点を置いて判断します。

 

 

 

つまりは、子が健やかに育つのに適した状況かどうかを最も重要なことと考えているようです。

 

 

 

探偵業者を使って浮気調査をしてもらう場合、調査対象の行動範囲や時間的パターンなど詳しい情報を伝えるほうが調査費用が安くつくだけでなく調査精度も上がります。

 

 

なんでもかんでも探偵にまかせてしまうと、浮気の確証を得るまでに余計に時間も費用もかかってしまいます。

 

 

一緒にいれば判ることもありますし、冷静に観察に励み、記録に残しておくと今後の大きな助けになるでしょう。懐かしい同窓会やサークルのOB会などの出会いは、既婚者同士の恋愛に発展することが本当に多いです。以前ときめいた相手と距離が近づいたり、学生時代のノリで異性に対する警戒心が薄れ、その時の出会いは普段より運命的に感じられるのだとか。もし里帰りや同窓会、OB会などのあとに相手の様子がおかしければ、ひょっとすると、浮気しているかもしれませんよ。

 

探偵に浮気調査を依頼する場合、結局のところ何を主眼に調査してもらうかを決め、事前によく話し合っておくことが重要です。配偶者の不倫さえなくなれば良いのか、あるいは離婚裁判のための証拠が欲しいのかなどは依頼者本人が決め、調査員にしっかり伝えることです。
どこに主眼を置くかにより調査方法や裏付けのとりかたなどが変わってくるため、自分の希望をよく伝えておくことが大切です。近年は技術改良が進んで、浮気しているかもしれない人の居場所をGPSで発見できるようになったのは有難いことです。

 

 

スマホのGPS機能といってもONにしておかなければ意味がありませんが、それを相手に使用させることにより、ほぼリアルタイムで位置情報を知ることができます。

 

マナー的にはともかく、法律に触れることもないため、自力でパートナーの浮気を見つけようと思ったら、GPSを使えば便利だと思います。探偵を使ってまで浮気調査する必要があるのかと思われるかもしれません。

 

 

ただ、浮気というのは意外とあるもので、男だらけの職場でも放置していては、あとで泣くことになるかもしれません。取引先や出入り業者など「たまに来る」女性のほうが浮気はしやすいですから。

 

一緒にいて怪しい点があるときは、不倫の調査に詳しい探偵業者に依頼すれば、不安を募らせることもありませんし、精神的な疲弊をかかえずに済むでしょう。探偵の調査能力というのは、会社の規模によるところも大きいです。
全国各地を営業エリアとしているところは、調査用の資材や方法などについて最新のノウハウを持ち、その時々のニーズに合わせた調査方法を持っています。
大手業者は仕事の品質を維持向上させるため、相談員や調査員の教育やステップアップにも意欲的で、それは仕事の成果に反映されてきます。

 

 

離婚を前提としているようで不倫調査を頼むのは気が引けるという人もいるでしょう。しかしそこまで重たく感じる必要はないようにも思えます。不倫をやめさせる、慰謝料を請求する、離婚する。

 

 

 

いずれにしても、肝心の証拠を押さえておけば絶対的に有利というものです。

 

 

興味がなかったり直視する気がなければ、それはそれでいいのかもしれませんが、モヤモヤしているのが嫌なら興信所に頼んでみる価値はあるでしょう。

 

興信所や探偵選びで迷ったら、調査相手には行動範囲があるわけですから、どの地域なのかを中心に、ネットで調べてみれば一目瞭然です。いくつか選んだところで電話をかけて、話してみると良いでしょう。
相手は専門家ですが、話をしてみないと、良さそうな探偵社かどうかなんて判断しようもないです。電話から最初の一歩を踏み出しましょう。

 

 

 

私がどうやって浮気者の嘘を見抜いているかお教えしましょう。簡単です。遠まわしに探りを入れず、ただ質問するだけです。
嘘をつく人間というのはやたらとハキハキ回答したがりますから、それを見るだけです。

 

 

また、簡単な返事で済むところを、ズラズラと話しすぎるのも怪しいです。

 

心に負い目があると、沈黙を埋めるように、よく話しますからね。

 

視線もキョドりますし、目線を追うとよく分かりますよ。

 

 

探偵社の評価を確かめもせず契約してしまうと、満足な調査が行われなかったり、お金を溝に捨てるようなはめになります。話をしに行っただけで契約を急いだり、相談者に心理的な重圧をかけてくるところは用心してかかるべきです。断って帰宅したあとでも、再三にわたり電話をかけてくるのは、悪徳業者にはよくあることです。まともな探偵社や興信所であれば、まず行わないようなことでも平気でしてくるのです。

 

 

 

調査業や探偵業は「はじめて」の利用者が圧倒的に多いそうです。

 

 

ですから、もし悩んだら、まず電話をかけてみるのをおすすめしています。
業者の場所や連絡先等は、ウェブサイト以外にも広告や看板等で貼りだされていることが多いです。
話の整理がつかなくても質問に答えていけば、ケースごとの見積りが出てきます。相談と見積りまでなら無料という会社も少なくないですし、価格と調査内容を照らしあわせて検討するといいでしょう。探偵社には調査報告書というものがありますが、記載事項はだいだい同じでも形式が定められているわけではありません。

 

とはいえ、離婚調停や裁判所の審判が必要なときに使われるなら、証拠書類として認められるよう、信頼できて高品質な調査報告書でなければ価値がないわけです。自分が報告書をどのように使用する(予定)か考えた上、探偵社の中でも相応のところに依頼しておけば安心です。

 

 

 

個人情報保護という考え方が浸透してきたせいか、いくら浮気の調査でも、対象に内密に尾行や張り込みなどの調査を行い、そこで得た証拠や情報を第三者(依頼主)に報告する調査業自体、非合法になりはしないかと懸念する人は意外と多いです。
今時の業者は探偵業法のもとで営業しており、違法な仕事をすることはありません。この法律が発効されたのは平成19年です。それ以前は探偵業者の業務や契約に関する全国的な法規制がなかったために、悪徳業者による詐欺行為や不当な請求といったトラブルを防止するために策定されたのです。探偵業者にかかる費用には幅があって、ごく一部の業者とはいえ、異例とも言える高額な請求を行っている例もあり、注意が必要です。

 

 

高いなりに素晴らしい仕事をしてくれるだろうかと問われれば、一概に釣り合っているとは言えません。高いお金を払って、不倫の証拠が得られないなどということにならないために、契約前に調査費用の平均値ぐらいは調べておくべきです。結婚相手の不倫行為によってダメージを受けた人の相談に乗る専門のカウンセラーがいます。

 

専門家に話を聞いてもらいながら、心の傷を癒し、前進していけるのです。信頼していた相手に裏切られたことで相手と別れても他人を信用できなくなったり、建設的な考え方ができなくて悩んでいるといったケースもあります。

 

 

それに浮気された夫婦がもしやり直すのであれば、第三者が間に入ることで上手くフォローできます。不倫行為があった場合、慰謝料の支払いを求めることができます。
といっても簡単なことではありません。

 

当事者だけで話しあえば、それぞれに冷静さを欠いていることもあり、横道にずれたり頓挫することも多いです。

 

 

時には裁判を起こさなければいけない可能性もあるので、そうなる前に弁護士にお願いして、無難なところでまとめあげてもらうのも「あり」ではないでしょうか。浮気調査を探偵に依頼する際、調査にかかる費用というのは、無視することができないファクターでしょう。

 

 

最近の探偵社の多くが、相談までは無料というシステムをとっており、費用のわからないまま契約するなんてことにはなりませんが、見知らぬ会社に一人で行って、もし悪質な業者だったらと不安に思う人もいるかもしれません。

 

 

 

それなら、相手の会社ではなく、不特定多数の客がいるコーヒーショップなどで懇談するのも良いと思います。違法な勧誘から身を守るための手段です。スマホの普及でSNSを利用する人が増えていますが、それが元で不倫が判明するというパターンも多くなりました。
パートナーが以前に比べ頻繁にSNSを更新するようになったら、日常的に浮気相手と接触を持っている可能性が高いです。

 

 

 

SNSに関わる相手の態度というのは、浮気の有無を見出すきっかけと言えるかもしれませんね。普通の生活では興信所や探偵を使う機会はないものです。
不倫調査を頼みたいと思っても、どこが良いやらピンとこないのが普通だと思います。

 

 

興信所や探偵業を開業する際は公安委員会に届出が必須で、認められれば営業所ごとに番号が付与されるので、届出をした正規事業者であるかは届出番号を取得しているかどうかでもわかります。大事なことですので、業者の公式サイトや宣伝広告等に番号の記載があるか確認しておくようにしましょう。
意外かもしれませんが、不倫の賠償請求(慰謝料)には期限というものがあります。不倫相手を特定してから3年間、さもなければ実際に不倫があった時点から計算して20年以内でも構わないそうです。

 

 

 

仮に時効直前でも訴訟に持ち込めば、この時間経過を止めて、時効を事実上なくすことができます。期限まで間がないときは、訴訟に踏み切ることも方法の一つです。
これから探偵業者を使おうと思ったら、とりあえず電話をかけてみることからスタートです。

 

 

 

電話口での相談で相手の応対を見て、その上で詳細な話をするとなれば、事業所へ行くという運びになります。
話が済んで任せても良いと判断したところで契約書にサインして、調査が始まります。興信所や探偵社で行う浮気調査では、成功報酬制を採用している事業所もあるようです。

 

こう聞くと、不倫の裏付けがとれなければタダで済んでラッキーと思うでしょうが、ターゲットの浮気の有無が曖昧(ややシロ)だったり、日数の長期化があらかじめわかるケースでは引受できないということもあるようです。さらに、これが一番多いケースなのですが、首尾よく証拠を入手できた際は高額な請求が来ることも多いみたいですから注意が必要です。
探偵がしている仕事(行動)として、たいがいの人はひたひたと尾行する姿を想像するようです。

 

密偵という言葉があるように、相手に気づかれずに行動を追い、不倫等の証拠を押さえることです。

 

 

露見することはまずありませんが、探偵は調査対象者の行動をある程度、想定しておかねばなりません。
予想しえないことに備えて動くのが、当然なのですから、ラクな仕事ではありません。
興信所や探偵は中堅や小規模もいれるとかなりの数があり、人気や評判を元に選ぶと失敗が少ないです。ウェブを利用することで、そこを利用した人のクチコミ評価などがわかるでしょう。地域性もある仕事ですから、地元近辺で総合評価が良い事業者を選び、相談や事前見積りをしてもらえれば、少なくとも悪い仕事はしないはずですし、不倫の証拠収集も期待できるはずです。浮気に依存しやすい人というのは、鬱状態の人が少なくないようです。

 

 

 

その背景にあるのは、常時精神的な負担があるということです。既婚者同士の不倫や、どちらかが結婚している場合、不倫の罪悪感や将来性のないことからくる無力感や悲壮感などを持っている時間が長くなり、メンタルや体調に大きな影響を与えるのです。浮気している方がそれだと、当然、残されたパートナーだってウツになりやすいと言えるでしょう。

 

一線を超えた途端、お互いのためにならないとは知りつつも、依存してやめられなくなってしまう。

 

あとになれば虚しさだけが残るのが浮気というものです。たとえ夫婦関係が円満でなかろうと、しっかりケジメをつけずに新しい相手とやり直そうというのは、いくらなんでも都合がよすぎるように思えてなりません。浮気相手が加わって大問題になったものの、もともとは夫婦間の問題。

 

 

 

それで解決するわけはないでしょうし、子供がいるのならなおさら慎重になるべきです。

 

後悔するのが分かっていても、浮気という手段をとるのでしょうか。